偽ップオンにお気をつけを!

みなさん、偽ップオンにはお気をつけください。

こんにちは。ハンドツール工具専門家のやーまんです。

ロゴチューンの工具箱

上の写真の3段の手持ち工具箱、ぱっと見、Snap-onだと思ってしまいそうですが、これ実際はスナップオンではありません。BluePointの工具箱です。(下のKRA25Dの箱は関係ないので無視でお願いします)

まだ、この工具箱はBluePointなので、完全に偽物かと言われたら違うのかもしれませんが、こういう「ロゴチューン」の工具箱が市場に結構出回っています。(某メ〇カリとかヤ〇〇クとかね)

ハンドツールの市場って、かなりニッチな市場で、且つ知識の無い方も多いので、チェックもできていないのでしょうが、目に余るものが結構あります。悪意を持ってやれば、ウイリアムスの古いドライバーのロゴを消せばスナップオンそのまんんまですし、そういうのってそこら中にあるわけです。

買取ショップなんかでもブログにスナップオンの工具箱を買取しました!とあるので、画像を見たらロゴ貼っただけとかね、ネット見てると結構あるわけです。

ロゴチューンって聞いてピンと来た方は、おそらく、レクサスとかインフィニティとかを思い出すのではないかと思いますが、昔(20年ぐらいまえ)にセルシオにレクサスのロゴをつけたり、シーマにインフィニティのロゴをつけるのが流行っていた?時期がありました。ホンダにアキュラってのもありましたっけ。あの辺りであれば、自分で楽しむ、または望まれてのチューンなのでOKではないけどOKだったんでしょうが、違うロゴの工具箱を2時流通させるってのはOUTですよね。

ちなみに上の画像の商品はちゃんとロゴを外して、BluepointのKRW183として扱いますのでご安心を。

僕的にはSnap-onとBluepointは正直グレーっちゃあグレーな気もするんですよね。実際ブルポと混じっている商品もありますしね。でもやっぱ別ブランドやし、ダメですよね。最悪、ブルポにスナップオンのロゴプレートが付いてます。ぐらいなら…。それでもダメな気もしますけど、この写真の工具箱にロゴプレート付けたのってバンセールスのおっちゃんなんですよね。

というわけで本日はロゴチューンの商品に注意!ということを紹介しました。

次回もよろしくお願いします。

ブログランキング参加中!よろしければ、クリックして応援をお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です