最近のレーザー刻印について

こんにちは。

工具専門家やーまんです。

最近のハンドツールブランド界隈では、ブランドロゴや、型番を工具に入れるのにレーザー刻印が流行ってますよね。

流行ってない?

こんなやつ

個人的にはレーザー刻印っていうのはどうにも馴染めないというか、好きになれないんですが、時代の流れなんでしょうか。

刻印するより、正確に綺麗な文字が入れれるし、コストも下げれますもんね。

スナップオンもブルーポイントは昔からレーザー刻印のものが結構ありましたけど、まさかのスナップオンブランドも、こうなってきたか・・・と。

確かにレーザー刻印の方が均一で綺麗でずれも無く、多様なデザインに対応していて、表面だけなので、汚れが入り込むことも無く、良いことづくめなんですが、趣がないというか何というかね。

個人的には工具って言ったらやっぱり刻印がガチっと彫り込んである感じが素敵だと思うわけですよ。

みなさんはどうですかね。

工具に個人の識別マークを入れるのも、昔はポンチでマーキングなんてことしてたのも、最近はレーザー刻印でスマートに自分のイニシャルとかを入れてる人もチラホラ。

クロムメッキにレーザーマーキングって出来るのかか疑問だったんだけど、クロムメッキをレーザーカットできる時点で、レーザーマーキングも可能なわけか。

どんな機械でレーザー刻印するのかと思って、調べていたら意外にもCO2レーザーでいける的な記事を発見。

CO2レーザーで、信頼出来る機種っていうと、VLS2.30DTとかかな?

でも150万円ぐらいするよね。

仕事で使うなら、これぐらいの投資は全然アリだと思うけど、個人の趣味としてはちょっとキツイと思う。

中華製のそこそこ良さげなレーザーとか10万ぐらいであるけど、やっぱり精度が良くないのかな?

機会があったら試してみようと思います。

 

ブログランキング参加中!よろしければ、クリックして応援をお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です