DA17V 話題のベルハンマーを入れてみる

最近YouTube界隈で話題のベルハンマーを入れてみる

ベルハンマーって何って方にまず説明

ベルハンマーは有機モリブデンと極圧剤の皮膜で金属同士の摩擦を下げる液体。

というと分かりやすいかな。

全然違うんだけど、イメージは滑りやすくする石鹸水みたいな?

  • エンジンレスポンス向上
  • 異音、振動の減少
  • エンジン寿命延命
  • ドライスタート時のエンジン保護

という効果があるらしい。

詳しい成分とかについては、専門の人が色々動画とかSNSを出しているのでそちらを見てもらう方が良いと思う。

箱を開けてみる

まず、単純にデザインがカッコいいよね。

添加剤って大体のものが金属缶に入っているところ、ベルハンマーは透明のボトルでシャレオツなラベル。

もうね、効き目云々よりも、これを入れたっていう事実だけで、満足出来そう。

添加剤は大きくオイル系と燃料系

今回のベルハンマーはオイル系の添加剤なので、オイルに添加する。

入れ方は簡単。オイルフィラーキャップを開けて本品を入れるだけ。難しいことは何もない。後はフィラーキャップを元通り戻せば完了。

簡単。

オイルフィラーキャップさえ開けれれば、誰でも入れれる。

ベルハンマー注入時の注意点

一つだけ注意点があるとすれば、このベルハンマー、容器に対しての中身がギリギリ。蓋のすぐ下まで液体が入っているので、じょうごを使うか、指で押さえて逆さ向けるか。

入れたらアイドリングで5分置いて、20kmぐらい慣らせばいいらしい。

実際の効果

正直目に見えての効果を期待すると裏切られた気持ちになるかもしれない。

僕の場合でも、明らかにエンジン音が静かになったぐらいしか、体感としては感じられていない。

燃費は良くなっている気もするけど、同じ道を同じ条件で走らないと正確には分からないので、気持ちいいかなぐらいの方が幸せ。

というところでおすすめ度は星4 ★★★★☆

ブログランキング参加中!よろしければ、クリックして応援をお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です