昨日はRicktoolでテンション爆上げでして

おはようございます。

ハンドツール工具専門家やーまんです。

昨日は、Rickのトップチェストを扱う機会がありテンションが上がっているわけですよ。

別に、RICKが世間で言われているほど希少だとも思いませんが(実際毎年かなりの数を目にします)トップチェストのMAC RICKなんかはほぼ見ないのでちょっと嬉しかっただけです。

Rick Tools

六工社(りっこうしゃ)の発売だからリックみたい軽いノリ立ったのだろうか?

何か、契約関係がうまくいかず、2年弱で六工社が撤退してMACに売ったとか、MACのペンタグリップを真似したパチモンだとか、KTCが作ったとか、真実はどの話なんでしょうか?

正直僕もよく知りませんが、最終MACがRICKを引き取った?ことからもMACとの契約関係がうまくいかなかった説が有力だと思っています。もともと六工社はMACの日本総代理店ですしね。

ちなみに今回取り扱ったのは純粋なRICKではなく、MACのRICKになってからのものです。

RICKのプレートなのに下に小さくby MACって書いてあるというね。

詳しい方いたら、是非コメント欄から真実を教えてください(マジですお願いします)。なんせ、Webは有象無象の情報に溢れてますので。

というわけで、今日はRICKのトップチェストを取り扱ったよってだけのエントリーでした。

またよろしくお願いします。

ブログランキング参加中!よろしければ、クリックして応援をお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です